崩壊シリーズ「派」素人劇団・新生「荻窪遊々演劇社」ビジュアル解禁!

  • 2019-5-31

2019年10月からの上演となるシリーズ最新作~崩壊シリーズ~『派』のメインビジュアルを公開された。

お披露目されたのは、第1弾から出演している主演・栗須健司役の山崎樹範ほか、鳥場 明役の伊藤裕一、杉山杏里役の上地春奈、城山一路役の大水洋介(ラバーガール)、そして出水護役の梶原善が続投し、本作で新たに、芝居に熱い男・志戸新留役の松島庄汰、その場主義な男・馬倉阿嵐役の安西慎太郎、男達を虜にする魔性の女・阿賀 桜役の前島亜美といった個性派俳優たちのビジュアルが公開。

また、今回も作・演出を務める、バナナマンや東京03など超人気芸人の傑作コントや、多くの人気バラエティ番組を手掛ける構成作家のオークラからコメントが届いた。
「約2年ぶり3回目となる崩壊シリーズ。新たな布陣で、これまで以上に崩壊し、爆笑できる傑作舞台になる予定です。この予定が崩壊しないことを祈ります。」

本公演は、2019年10月18日(金)~ 11月4日(月祝)東京・俳優座劇場にて、11月9日(土)・10日(日)大阪・松下IMPホールにて、11月21日(木)名古屋・日本特殊陶業市民会館 ビレッジホールにて、そして11月23日(土)・24日(日)福岡・イムズホールにて上演する。また各日程にて、アフタートークや舞台裏ガイド等のイベントも開催決定。

物語は、結成5年を迎えた劇団「荻窪遊々演劇社」の舞台本番日。
劇団員は減り、解散の危機を感じていた座長・栗須健司(山崎樹範)は、若き新進気鋭作家を迎え、新生「荻窪遊々演劇社」として再起を図ることに。ところが、新進気鋭作家率いる新メンバーの「クール派」と、座長を筆頭とする「お涙頂戴派」で意見が割れ、劇団が2つの派閥に対立。そんな中迎えた舞台本番でのドタバタ劇団模様を描く。

チケットは、6月1日(土)12:00より、オフィシャルHP抽選先行が受付開始となる。その他の最新情報は、公式HPにて随時公開予定。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<あらすじ>
人は派を作り、その派は崩壊し、また新たな派をつくる…

結成5年を迎えた劇団「荻窪遊々演劇社」は、劇団員も減り、客席も閑古鳥が鳴くようになっていて、完全に行き詰まっていた。
「もうこれ以上続けても無理なのか・・・?」 と誰もが解散の危機を感じていたその時、座長が1つ提案をする。自分たちの作風が今の時代とマッチしていないのかもしれない。そこで、今、小劇場界で注目されている、若き新進気鋭作家を劇団に迎え、新生「荻窪遊々演劇社」として再起を図る。

選んだ題材は「法廷モノ」…これが失敗に終わった場合、この「荻窪遊々演劇社」は解散する!と決意表明。
ところが、新進気鋭作家率いる新メンバーの「クール派」と、座長を筆頭とする「お涙頂戴派」で意見が割れ、その溝は深まるばかり・・・劇団が2つの派閥に対立したまま、本番を迎える。

芝居であるはずの「有罪・無罪の派閥」と、劇団員同士のリアルな派閥争いが重なり始め、芝居を壊そうとする者、自分だけ目立とうとする者、その足を引っ張ろうと邪魔をする者、暴れ出す者、解散を食い止めようと必死に芝居を続けようとする者・・・ 各々が台本とは全く違う行動を起こし始め、 舞台はどんどん崩壊していく・・・

果たして「荻窪遊々演劇社」は、解散することになるのか――!?


<公演概要>

~崩壊シリーズ~「派」

【作・演出】 オークラ
【出演】 山崎樹範/松島庄汰 安西慎太郎 前島亜美 伊藤裕一 上地春奈 大水洋介(ラバーガール)/梶原 善
【日程・会場】

<東京公演> 2019年10月18日(金)~ 11月4日(月祝) 俳優座劇場
<大阪公演> 2019年11月9日(土)・10日(日) 松下IMPホール
<名古屋公演> 2019年11月21日(木) 日本特殊陶業市民会館 ビレッジホール
<福岡公演> 2019年11月23日(土)・24日(日) イムズホール
※各日程にて、アフタートークや舞台裏ガイド等イベントが開催決定!詳細は、公式HPにて。

【チケット情報】
料金:全席指定 7,700円(税込)
オフィシャルHP抽選先行受付:6月1日(土)12:00~

【HP】 www.houkai-st.com
【Twitter】 @houkai_st

関連記事

公演別にチェック!

Line

友だち追加
ページ上部へ戻る