\公開稽古&合同取材レポート!/

  • 2019-7-10

8月2日(金)より、東京・大阪で上演する舞台『THE BANK ROBBERY!〜ダイヤモンド強奪大作戦〜』の公開稽古・合同取材が9日に行われました。
出演者の原嘉孝(宇宙Six/ジャニーズJr.)さん、桜井玲香(乃木坂46)さん、元木聖也さん、尾上寛之さん、しゅはまはるみさん、溜口佑太朗(ラブレ ターズ)さん、塚本直毅(ラブレターズ)さん、大堀こういちさん、市川しんぺーさん、田中要次さん、と、演出の小林顕作さんが登場され、会見中チームワークの良さが垣間見れる場面がたくさんありました♪

~INTRODUCTIN~
本作は、イギリスで大ヒット上演中の話題のサスペンス・コメディで、全員が詐欺師を演じる。
舞台は、1958年夏のアメリカ合衆国ミネソタ州。ミネアポリス都市銀行は、ハンガリーの国王子から幻のダイヤモンドを預かることとなり、スリ、脱獄囚、泥棒、詐欺師たちが、ダイヤモンドを巡って窃盗の陰謀を図る。身元が取り違えられたり、恋の三角関係も起こったりとハラハラドキドキのサスペンスコメディ。

今回公開されたのは、冒頭のシーンとミネアポリス銀行のシーン。

まず始まったのは冒頭のシーン。脱獄囚・ミッチ(元木聖也)の監房。
賑やかで楽しい場面展開で群舞も多く、『バンクロバリーのテーマ』に乗って歌とダンスも披露され、興奮の展開を予感させるオープニングで作品の世界観に一気に引き込まれます!

次にミネアポリス銀行のシーン。ここでは、スリの名人・サム(原嘉孝)と結婚詐欺師のカプリス(桜井玲香)が登場。詐欺師役を演じる原さんの、財布をすりペロっと舌を出して悪そうな笑みを浮かべたり、詐欺でその場をなんとかやり過ごす姿など、さまざまな表情が。そして、桜井さんの男たちを手玉に取る可愛らしい歌唱とダンスにも注目♪
作品の魅力である言葉遊びで会話の面白さや楽しさがコミカルに描かれ、テンポも軽快にストーリーが進んでいきます!

公開稽古の後行われた全員のフォトセッションと会見。

小林顕作さんの提案でみんなで「B」ポーズ!!何も聞かされていなかったキャストの皆さんは「どうやるの??」「これ「B」に見える??」「要次さんは「R」ね(笑)」と、終始笑いが絶えず仲の良さがうかがえました。

(各役名と挨拶は下部に掲載)

初単独主演となる原嘉孝さんは、
「すごい驚きはありました。しかも、やったことがないコメディができるということですごい喜ばしいですし、顕作さんはじめ、たくさんの名立たる役者さんと共演できるというのは嬉しくもあります。いろんな感情が混ざった不思議な気持ちです」とコメント。
そして、今回の稽古で歌唱がなかったことについて質問がいくと、
「台本を読んだときに僕だけ歌がなかったんです(笑)。あれっ?・・て思って、顕作さんに相談して今どうするかっていうところ・・」
小林「それはご覧いただかないと!原くんが歌うのか、歌わないのか・・・!?それもひとつの見どころです!」
「今、オーディションしてもらってます(笑)」
小林「まだ、歌という判断にはいたってない(笑)」
「僕、歌が下手みたい・・・(苦笑)」
と、ここでも軽快なトークのやり取りで周囲を沸かせました。
はたして、原さんが歌うのか、歌わないのか・・ 見なきゃわからない・・!!

男たちを手玉に取る、やり手の結婚詐欺師を演じる桜井玲香さん。
役作りについて聞かれると、、「工夫・・・」と、首を傾げ何やら返答に困っている様子。
そこに、「工夫して作っていっても顕作さんにことごとく壊されてる(笑)」と、原さんから助け船が。
「そうですね・・」と、言葉を続け「台本を読んで、本国の動画を見て、カプリスは色気があって大人な感じでいくんだなと思ったら、顕作さんにことごとくぶち壊されていって・・・全く違う、日本オリジナルのカプリスができてきているなと思うので、もうちょっと模索しながら作っていきたいなと思っています」と、日本でしか見られないカプリスを・・!と意気込むところに「玲香ちゃんそのまま」と小林さん。

そして、元木聖也さん。
「チームは最高で、毎日稽古が楽しくてしょうがない!」と語るも、「楽しさが伝わらない・・・(笑)」と周りから呟かれ・・・。
元木さんとタッグを組まれることが多いという小林さん。「僕が聖也くん大好きなので、まとわりついてます(笑)」と笑いをとり。
「今回、子どもが観に来れる日が1日あるんですけど、子どもも観て楽しめるような作品になっていると思う。あと、一番伝わらなかったんですけど、僕楽しいです!ほんと楽しいです!!」と懸命に伝える元木さんに、
小林「楽しいっていっぱいうとよけい伝わんないよ(笑)」
元木「どうすればいい(苦笑)、、嬉しいです!!」
と、長年一緒にやっていきた息の良さを見せました。

最後に、原嘉孝と桜井玲香さんより意気込みが語られました。

桜井玲香さん
「(卒業)を発表させて頂いてからの今日だったので、どんな感じかなと思って緊張してきたんですけど、皆さん、すごく暖かく迎えてくださいました。また、アイドルとして今回出演する舞台がラストということで、ファンの方にも、私を知らないっていう方にも観て頂きたいと思うので、ラストスパート、全部かけるつもりで、グループの仕事を上回っちゃうくらい舞台に掛けたいなと。(一同拍手)メンバーに怒られない程度に頑張ろうと思いますので、是非、見届けていただけたらなという気持ちです!」

原嘉孝さん
「この作品は、大の大人がふざけます。最初から最後まで!そういう作品なので、舞台を観に行くっていうよりかそこら辺のコンビニにいくみたいな。(一同笑い)それくらい気楽な感じで来ていただいて、たくさん笑って、気楽に帰っていただくと。そういう作品だと僕は思っているので、仲の良さもステージ上で出せたらいいなと思っています!歌も踊りもあってちっちゃな子からお年寄りの方まで誰もが楽しめる作品になっていると思うので、是非、たくさんの方にご来場いただけるように僕たちも頑張ります!皆さん、よろしくお願いします!!」
と、締めくくり、座長としての貫禄を漂わせました。

舞台『THE BANK ROBBERY!(ザ・バンク・ロバリー)~ダイヤモンド強奪大作戦~』
東京公演は8月2日から同12日まで新国立劇場 中劇場にて、大阪公演は8月16、17日に森ノ宮ピロティホールにて上演!


役どころと挨拶

演出・小林顕作
イギリスに勝てるなと思うくらい面白い!
「コメディって難しいと思うんですけど、日本人の持っている繊細な間というのがすごい生かされているなというか大味でない。すごく細かいところの人間の嗅覚に訴える間というのを皆さんお持ちなので、自然とドカッと笑える舞台に絶対できるなという自信があるので、皆さんに是非、見てもらいたいなと思います」

サム・モナハン役・原嘉孝
「サム・モノハン役です。見どころはお母さんが大好きだったりとか、なのにスリの名人だったりするので、詐欺師っぽい一面が出せたら。芝居だけでなく歌も踊りもありますので、最後まで楽しんでいただけると思います」

カプリス・フリーボイーズ役・桜井玲香
「カプリス・フリーボーイズ役です。結婚詐欺師役ですが・・・一応ヒロインだと思うのですが、ヒロインなのかどうかわからない雰囲気のところがあったりして、楽しみながら演じていきたいです」

ミッチ・ラスチッティ役・元木聖也
「刑務所から脱獄し、ダイヤモンド強奪しに銀行に潜入するミッチ・ラスチッティ役です。ここまでのコメディはなかなかないですので、舞台始まってから終わりまで、本当に面白いところはたくさんあります。ダンスも素敵な振付が多いので、誰が見ても楽しい舞台になっています!」

ニール・クーパー役・尾上寛之
「ニール・クーパー役です。刑務所の看守、ミッチの脱獄と銀行強盗に加担していく、ちょっと犯罪に手を染めていく役です。見どころは・・・」
「(小林)セリフはでない、もう・・いいとこない」
「(尾上)いいとこ、見せれるように!頑張ります!」

ルース・モナハン役・しゅはまはるみ
「原くんの役のサムの母親役のルース・モナハンです。見どころは・・そんなにたくさん舞台にはでてこないんですけど、印象に残る、とても素敵な美味しい役をもらいました(笑)」

物語に登場する様々な役・溜口佑太朗(ラブレターズ))
「みなさんがやる役以外全部の役をやります!コロコロとキャラクターが変わるところだったり、早変わりも結構多いので、もしかしたら間に合わなくなって素っ裸になるかも・・・嘘です!間に合うように稽古します!あとは盛り上げ役に徹して!」

物語に登場する様々な役・塚本直毅(ラブレターズ))
「みなさんがやる役以外と相方がやった役、以外の残りをやります。本場だとマルチプレイヤーっていう言い方を捨役を2人で分けてやらしていただきます。この舞台をきっかけにマルチプレイヤー・・・スーパーマンマルチプレイヤーっていうのに変わるような!こんな・・・言わなきゃよかった!頑張ります!」

ロビン・フリーボーイズ役・大堀こういち
「ロビン・フリーボーイズ役、ミネアポリス銀行の頭取でございます。なんとか銀行を世間に知らしめようとするのですが、何もかもうまくいかないという、そんな役所です。ウォーレンと・・・面白い演出がありまして・・・肉体を使って・・・・なんというんでしょうか(笑)、ご想像にお任せいたします。」

ウォーレン・スラックス役・市川しんぺー
「ウォーレン・スラックス役です。ミネアポリスの銀行員、67になるのに30年以上勤めているのに未だにインターン扱い、不幸な男です。見どころは、いっぱい叩かれるシーンがあります。怪我をしないように!笑っていただけるように」

ランダル・シュック捜査官役・田中要次
「ランダル・シュックFBI捜査官役です。見どころはでてくるキャラクターがみんなバカばっかりです!バカばっかりなんで、覚悟して見ていただかないと、お話に入れないのかな?」


<公演概要>
THE BANK ROBBERY!〜ダイヤモンド強奪大作戦〜

【原作】「The Comedy About A Bank Robbery」by Henry Lewis, Jonathan Sayer & Henry Shields
【翻訳】 谷 賢一
【演出】 小林顕作

【出演】原 嘉孝(宇宙Six/ジャニーズJr.) 桜井玲香(乃木坂46) 元木聖也/尾上寛之 しゅはまはるみ 溜口佑太朗(ラブレターズ) 塚本直毅(ラブレターズ)/大堀こういち 市川しんぺー/田中要次

<ROBBERY団>穴沢裕介 広瀬斗史輝 下司尚実 熊澤沙穂

【日時・会場】
<東京公演> 2019年8月2日(金)〜8月12日(月・祝) 新国立劇場 中劇場
<大阪公演> 2019年8月16日(金)〜8月17日(土) 森ノ宮ピロティホール

【チケット料金】
東京公演:S席8,900円(税込)/A席7,000円(税込)
※8月7日(水)12:30公演のみ 大人 S席8,900円(税込)/大人 A席7,000円(税込)/子供 S席・A席共通4,500円(税込)(3歳以上小学生以下)
大阪公演:全席指定 8,900円(税込)

【公式HP】www.thebankrobbery.com
【公式twitter】@thebankrobbery

関連記事

公演別にチェック!

ページ上部へ戻る