本日開幕!浪漫舞台『走れメロス』初日舞台全文公開!

  • 2020-9-5

浪漫舞台『走れメロス』~文豪たちの青春~本日開幕!

2年ぶりの単独主演となる内 博貴さんが太宰 治役を演じる浪漫舞台「走れメロス」~文豪たちの青春~の初日舞台挨拶が、9月5日(土)より、ヒューリックホール東京にて行われました。
舞台挨拶には、内 博貴さん、谷村美月さん、室 龍太(関西ジャニーズJr.)さん、千原せいじさん、山口真帆さん、湖月わたるさん、なべおさみさんの7名が登壇。
本作品は、小説家である太宰 治が若き頃、多くの作家たちとの友情や、彼が愛する女性たちとの愛や苦悩に満ちた波乱の人生を題材として、太宰と共に当時を駆け抜けた親友で作家の檀 一雄が書き上げた回想録「小説 太宰 治」をベースに、舞台作品として書き下ろしました。

―内さん、2年ぶりの単独主演となりますが、初日を迎えていかがですか?

内:「世の中がこういった状況の中、無事に初日を迎えることができたということで本当に良かったなという気持ちでいっぱいです」

―稽古も大変だったんじゃないでしょうか。

内:「今までに経験をしたことのない稽古の仕方でした。マスクをしてフェイスシールドをしてという状況の中で稽古もやらせていただき、待機をしている時も(隣の席と)クリア版で仕切ってというのも不思議な感覚でしたが、それだけ徹底してやらなければいけないですし、コロナが最近はすごく身近になってきたというか、いつ自分がかかってもおかしくないという危機感を持ちながら稽古もやっていました。その中で、無事にこうやって初日を迎えることができてよかったなと思い、それと同時に千穐楽まで気を緩めることなく、気を付けながらやっていけたらと思っています」

―太宰 治役ということで文豪の役がすごくお似合いですが、役作りについてはどのようにされたのでしょう?

内:「お似合いですか?(笑)。」

―はい(笑)。

内:「過去に、『ミュージカル「ザ・オダサク」愛と青春のデカダンス』(以下『ザ・オザタク』)という作品で、織田作之助さんをやらせていただいたことがありまして、セリフの中で「太宰は~」というセリフもあったんですよ。その太宰 治さんをまたやるとは思っていなかったので、これも何か縁があるのかなと自分で勝手に思っているんですけど(笑)。でも以前に文豪の役をやったことがあるから今回はすぐにできるというわけでもないですし。ただ、自分の中では一度経験をしたということがあるので、スタート時点はそんなに苦しまず、悩むこともなくすんなり入れたなというのはあります」

―織田作之助、太宰治ときて、次狙っている文豪は?

内:「いないですよ(笑)。まだ終わってないですし(笑)。」

―一同笑い―

―では、その『ザ・オザタク』でご一緒した室 龍太さんは今回の役どころは?

室「僕は壇一雄役をやらせていただきます。『小説 太宰 治』を書いた方なので本当にこの役をやらせていただくのを光栄に思っています。また、今回ストーリテラーのような立ち位置だと思ってますので、そのあたりはしっかり務められたらなと思っています」

―(千原)せいじさんも井伏鱒二にそっくりだという声があちこちから聞こえています。

千原:「ちょっと文豪よりですからね。僕は。ずっと文豪芸人でやってますから」
内:「文豪芸人は初耳ですね(笑)。」

―一同笑い―

千原:「舞台は史実に基づいてますから、その時代や登場人物に詳しい方にも楽しめる作品になってます」

―谷村さんは二役を演じられるということですが、正反対の人物を演じるのはなかなか難しいと思いますがそのあたりいかがでしょうか。

谷村:「それも楽しんでやっています。お稽古の時は自分的に落ち着かなくてできい時もありましたが、劇中にも出てくる太田静子さんの『斜陽日記』を読んだりして役作りをしました」

―山口さんは初舞台です。いかがですか?

山口:「初舞台なので分からないことが多々あったのですが、皆さんのお力添えをいただいて、本日初日を迎えることができたので、精一杯頑張りたいと思います」

―優しくしてくださる方はいらっしゃいましたか?

山口:「皆さん、優しかった・・です(笑)。」
内:「その言い方だと全員優しくないみたいになりますよ(笑)。大丈夫ですか(笑)。」
千原:「厳しい環境で育ったから。厳しい環境で育ってきたからみんな優しく見えるんやんな」

―山口さん、千原せいじさんは怖くなかったですか?

山口:「いえ、すごくユニークな方で(笑)。」
千原:「僕はユニークですから」
山口:「皆さんすごく優しかったです!」

―舞台の稽古は今までのお仕事と違ったところもあったかと思いますが、苦労したことや大変だったなということはありましたか?

山口:「シーンによってすぐに感情が変わったりしたので、そこの切り替えが大変だったりしました」

―それはどう乗り越えたんですか?

山口:「それも皆さんのお力添えをいただいて(笑)、アドバイスをたくさんいただいて頑張りました」
内「僕は、山口さんはすごいなと思ったんですよ。稽古で演出家の方が”ああしてこうして”と言うじゃないですか。そしたらだいたい初舞台の人って「はい!わかりました!かしこまりました!」って言うじゃないですか。僕もそうでしたし。でも、山口さんは肝が据わってまして。そう言われて返す言葉が「なるほど、了解」。」

―一同笑い―

内:「それを聞いた時に、”この子はスターになるな”と思いました(笑)。」
千原:「根性座ってるから」
山口:「すごい納得する言葉をいただいて、自分の中に落とし込めたので(笑)。」

―座長からは何かアドバイスはあったんですか?

内:「いえ。僕はもう何も。それを楽しく見ていたので(笑)。」

―湖月わたるさんは凛として貫禄があるマダムという感じがしますが、どのような見せ場がありますか?

湖月:「太宰さんが通っていたBarのママで、太宰さんが愛された『ゴンドラの唄』と『燦めく星座』という歌も歌わせていただきましたし、この時代の女性の凛とした佇まいの中に、相手に寄り添うしなやかさだったり温もりを表現出来たらと思っております」

―湖月さんから内さんはどのように映っていますか?

湖月:「稽古場からほんとに魅力的で。様々な女性とのシーンも素敵なんですけど、宝塚で男役時代に男同士の友情に燃えていたことがあったので、内さんと室さんの男同士のシーンでちょっと甘えるところや先輩後輩感といった関係にキュンキュンしながら、素敵だなと思いながら、お稽古場から楽しませてもらっていました(笑)。」

―内さんと室さんは長いお付き合いですから息も合いますよね。

内:「そうですね。そんな苦労をしたところはないよね?」
室:「そうですね」
内:「ただ、室は本場中の舞台があったので、最後の方から稽古に参加をしたんですね。ほんとに大変だったと思うんですけど、僕たちにそれを伝わせることなく、一人で読み込んできてくれたので、そういう面ではほんとにスムーズに稽古もできましたし、さすがジャニーズだなと思いました」
室:「内くんもジャニーズです」
内:「そうだったけ(笑)」
室:「はい(笑)。先輩です」

―一同笑い―

内:「だから苦労したっていうところはなかったですね」
室:「稽古に参加をした時から、湖月さんもなべ(おさみ)さんもすごく親身になっていただいて、ほんとにすごくいい現場です」

―なべおさみさんは山口さんのお父さんという役ですが。

なべ:「最後に僕が言うセリフがあるんですけど、その言葉を噛み締めながらやらせてもらっています。でも、もう僕は次の舞台のことが頭に浮かんでいます。内さんが”夏目漱石”をやるだろうなと。だから『吾輩は猫である』をやろうと、もう決めてます。室さんが『坊ちゃん』をやれば、僕は”赤シャツ”をやりたいなと。こんな風に考えながら次の舞台に向かってるという私でございます」
内:「なべさん、まだ(この舞台)始まってないですから(笑)。お願いします(笑)。」

―では最後に内さん、初日を迎える意気込みをお願いします。

内「わたくし共々、コロナ対策に対しては万全な状態で迎える形にはできてます。「劇場でお待ちしております!」とは言いきれないですが、なんと言えばいいのか難しいのですが、今まで舞台に行きたかったけれども、我慢していてようやく行けるんだ、という方もたくさんいると思います。何か与えられるものがあればいいと思います。全力でやらせていただきますので、来ていただく際は気を付けて、我々ももちろん気を付けますので、その中で一つの作品を皆さんと一緒に楽しめたらなと思っております。皆さん、是非、チェックしてみてください!よろしくお願いします」

浪漫舞台「走れメロス」~文豪たちの青春~は、2020年9月13日(日)まで東京・ヒューリックホール東京にて、その後、9月22日(火・祝)名古屋・名古屋市公会堂9月25日(金)~9月27日(日)梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティで上演。
そして、舞台好評につき、東京千穐楽公演を含む限定4公演生配信が決定!
■生配信日程:下記4公演生配信
2020年9月12日(土)13:00公演、2020年9月12日(土)17:00公演
2020年9月13日(日)13:00公演、2020年9月13日(日)17:00千穐楽公演
■視聴チケット料金:3,300円(税込)
■視聴チケット販売期間/販売サイトURL:
【CNプレイガイド】 
販売期間:2020年09月05日(土)15:30~09月10日(木)11:59
受付URL:http://www.cnplayguide.com/melos-str/
※クレジットカード決済・ファミリーマート店頭現金支払いとなります。 ※チケット代以外に別途手数料がかかりますので予めご了承願います。 ※予定枚数に達し次第、受付終了となります。
【theatrelive】 
販売期間:2020年09月10日(木)12:00〜各回開演2時間前まで
受付URL:https://theatrelive.mu-mo.net/melos/
※支払い方法はクレジットカード決済・携帯(docomo/softbank/au)キャリア決済となります。※予定枚数に達し次第、受付終了となります
※視聴方法等の詳細は、公式HPをご確認ください。
※コンテンツの視聴にかかる通信費はお客様のご負担となります。予めご了承ください。
■Theatreliveお問い合わせ:https://theatrelive.mu-mo.net/melos/contact

関連記事

公演別にチェック!

Line

友だち追加

Instagram

YouTube

plus a YouTube公式チャンネル
ページ上部へ戻る