廣瀬智紀×川栄李奈W主演の新作舞台『カレフォン』が開幕! リハで女性スタッフが号泣するラブファンタジー

  • 2018-10-5

鈴木おさむ作・演出、大塚愛書き下ろし主題歌による新作舞台『カレフォン』が10月4日(木)東京・オルタナティブシアターにて開幕! 開幕に先駆け、初日挨拶と公開ゲネプロが行われ、W主演を務める廣瀬智紀川栄李奈、そして戸塚純貴柳 美稀山崎樹範の出演キャスト5人と、作・演出を手掛けた鈴木おさむが登壇した。

舞台初日を迎え、W主演で藤原駿役を演じる廣瀬智紀は「1ヵ月間みっちり稽古をしたので、それを自分たちがどれだけお客さんへ伝えられるかだと思う」と挨拶。同じくW主演の結城茜役・川栄李奈も「5人だけのキャストで、和気あいあいとした稽古ができた」と手応えを語った。

会社の社長の息子・桐生陸役の戸塚純貴は「(キャストが)5人しかいない舞台なので、5人でしかできないことを表現したい」と熱く意気込み、茜の同僚・花田裕美役の柳 美稀は「私にとっては初の舞台。思考回路が停止するほど緊張しているが、頑張りたい」と、舞台初日の空気感を感じとっていた中、嫌みな上司・玉木健一役を演じる山崎樹範が「柳さんの言うように彼女は初の舞台だが、僕は今年に入って5本目。多少の温度差はある」と笑わせたのだが、その存在感は絶大。キャスト同士で軽快な掛け合いも見せたりと、互いの信頼感や和やかな雰囲気が伝わってきた。

本作で作・演出を担当した鈴木おさむは、「女性が観て、泣ける舞台を作ろうと思った。昨日のリハーサルで女性スタッフが号泣しているのを見て『これはいけるんじゃないか』と。恋愛でキュンとするシーンもある」と新作への手応えを熱く語り、「稽古を通して、川栄さんの中にはすごく“おじさん”が生息していることが発覚しました。(舞台上では、)そのおじさんを捨てて、恋愛を思いっきりしていただけたら大成功するんじゃないかと」と期待を込めた。
その言葉を受けた川栄李奈は「この舞台のキャストは、男性陣はすごく女性っぽいけど、女2人がすごく男っぽいので、逆にバランスがいいかと」と笑わせた。

本作の発想のきっかけについて鈴木おさむは、「昔の携帯電話やスマホを捨てられずに取っているんですが、それらの中には恋愛の記録も残っているので、それが着想の一つ。その昔のスマホから、死んだ彼氏が出てきちゃうストーリーです」と打ち明けるキュンとして泣ける“ラブファンタジー”作を、ぜひお見逃しなく!

舞台『カレフォン』は、2018年10月4日(木)~21日(日)東京・オルタナティブシアターほか、27日(土)・28日(日)大阪・梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ、31日(水)広島・はつかいち文化ホールさくらぴあ、11月3日(土)埼玉・ウェスタ川越 大ホール、6日(火)仙台・電力ホール、11日(日)北海道・七飯町文化センター パイオニアホール、13日(火)北海道・わくわくホリデーホール(札幌市民ホール)の全国7都市で上演される。

—————————

【STORY】
川栄李奈演じる茜は、派遣OLとして働くが、上司に嫌味ばかり言われ、うまくいかない。「生きていても楽しくない」そんなことを思ったある日、古いスマホが突然鳴り出す。2年前に亡くなった恋人、廣瀬智紀演じる駿から電話がかかってくる。彼のことを忘れようと必死だった茜の前に、スマホとなって現れた元カレ。彼のおかげで、茜は少しずつ前を向き、茜を取り巻く人々が一歩ずつ動き出す…!

—————————

【公演概要】

舞台「カレフォン」

【出演】廣瀬智紀 川栄李奈 / 戸塚純貴 柳 美稀 山崎樹範
【作・演出】鈴木おさむ 【音楽】大塚 愛

【公演日時】
10月4日(木)~21日(日)東京・オルタナティブシアター

10月27日(土)13:00/18:00開演・28日(日)12:00/17:00開演
大阪・梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ

10月31日(水)19:00開演
広島・はつかいち文化ホールさくらぴあ

11月3日(土)18:00開演
埼玉・ウェスタ川越 大ホール

11月6日(火)19:00開演
仙台・電力ホール

11月11日(日)18:00開演
北海道・七飯町文化センター パイオニアホール

11月13日(火)19:00開演
北海道・わくわくホリデーホール(札幌市民ホール)

【チケット料金】全席指定8,500円(税込)
※東京・大阪・広島公演 ※他、都市によって異なる

【オフィシャルサイト】www.krph.jp
【公式twitter】@krph_jp

【企画・製作】エイベックス・エンタテインメント

関連記事

公演別にチェック!

Line

友だち追加
ページ上部へ戻る