IMPACTors 横原悠毅&椿 泰我 W主演で初ミュージカルに挑戦!織田作之助賞を受賞作「世界でいちばん美しい」

第31回織田作之助賞を受賞した、原作/藤谷 治「世界でいちばん美しい」(小学館文庫刊)をミュージカル作品として、初上演。「世界でいちばん美しい」ものは?鎌倉を舞台に、登場するキャラクターたちの心の内面を見事に描きだした文学作品を珠玉のオリジナル音楽と共に綴るミュージカルとして、2022年10月28日(金)~11月6日(日)東京・品川プリンスホテル ステラボールにて、11月11日(金)~11月13日(日)大阪・ COOL JAPAN PARK OSAKA WWホールにて上演が決定。

出演は、音楽を三回聴いただけでピアノで弾くことができるほど生まれながらにして内に秘めた音楽の才能を持つ雪踏文彦(せったクン)役を横原悠毅が、また、雪踏文彦(せったクン)の幼馴染で彼の才能を認める親友の島崎 哲(トオル)役を椿 泰我が演じ、W主演として登場。二人は、IMPACTors/ジャニーズJr.のメンバーとして、これまでに数々のジャニーズ作品に起用され、近年では外部作品でも高い評価を得ており、本作での注目度、期待度が高まる。さらに、北島玲子役に蒼乃夕妃、永沢小海役/沢口茉莉役の<二役>に柳 美稀、津々見勘太郎役など物語の鍵となる複数役を演じ分ける<マルチマン>に原田優一、レストラン「エグランティーナ」マスターの加瀬 靖役にブラザートムらの実力派俳優も出演し、ミュージカル作品としての深みと彩りが加わります。上演に際し、横原、椿よりコメントが到着。

脚本・作詞・演出は、『フットルース』、『プロデューサーズ』、『ガイズ・アンド・ドールズ』などのブロードウェイ・ミュージカルの翻訳・演出も数多く手がけ、近年ではミュージカルのオリジナル作品にも精力的に取り組み、音楽的なセンスの良さと都会的なテンポ感が持ち味として定評の菅野こうめいが務める。劇中の音楽は、蜷川幸雄、前川知大演出の作品などの舞台、ミュージカル、映画の音楽を多数手がけてきた、かみむら周平が携わり舞台上でも生演奏を届ける。

藤谷 治が綴った物語「世界でいちばん美しい」の文学作品が、この秋ミュージカル作品として体感できる本作に期待が高まる。

キャストコメント

横原悠毅(IMPACTors/ジャニーズJr.)

今回、『世界でいちばん美しい』にて雪駄文彦役で主演を務めさせていただくIMPACTorsの横原悠毅です。僕は今回のこの舞台が初めての主演作品であり、初めてのミュージカル作品でもあります。ミュージカル作品での歌唱だったり初めてのことに挑戦する不安や、主演を務める事への責任感もありますが、信頼できるメンバーと共にW主演としてこの舞台に挑める事を嬉しく思います。少しでも興味をお持ちの方は、是非この舞台に足を運んでいただけたらなと思います。

椿 泰我(IMPACTors/ジャニーズJr.)

IMPACTorsの椿泰我です。今回、横原悠毅と「W主演でミュージカル」というお話をいただいた時は、グループではラップを担当しているので本当にびっくりしました。それと同時に、ミュージカル作品を経験出来ることはIMPACTorsのグループ名にも入っている、”actors”の部分をより確立させる事が出来る素晴らしい挑戦だと感じました。初の主演ミュージカルでメンバーとW主演。今までに経験したことの無い事ばかりの稽古期間になると思います。全力で稽古を重ねて、最高の作品を皆さまにお届けしたいと思います!是非、たくさんの方に劇場に足を運んでいただけたら嬉しいです。楽しみにしていてください!

脚本・作詞・演出:菅野こうめい

僕は原作小説の作家である藤谷 治さんには、「船に乗れ!」の舞台化以来、すごく親近感を感じている。彼の方が僕より少し年下だが、ほぼ同世代。お互い、お坊ちゃま育ちのくせに不良っぽさで武装して、作品はそうでもないけど、無頼派を気取って生きてる感じが似てるなあ、と勝手に思っている。「世界でいちばん美しい」は「船に乗れ!」の続編スピンオフみたいなところがあって、藤谷さんの作品はどれもそうだが、ずっとバックに音楽が流れていて、シーンに合わせて自分なりの選曲でセットリストを作って聴きながら読んで行くと、
もうそのままミュージカルなのだ。勿論、そんな読み方が出来る奴は僕以外にいるわけがないから、僕のうぬぼれも一流だとは思うが、躊躇うことなくミュージカル化を決心した。「世界でいちばん美しい」ってタイトルも一切、外連味がなくてミュージカル向きだし。
それと、男2人の話しと言うのがいい。ミュージカルと言うと男女の恋愛ものってイメージがあるけど、意外と男2人の人生を描いているものが魅力的だったりする。『GUYS &DOLLS』のネイサンとスカイ、『RENT』のロジャーとマーク、『レミゼ』のバルジャンとジャベールと、なかなか名作が多い。それに、ミュージカルだからって、無理矢理ロマンチックコメディやラブストーリーをやることはない、と思うのだ。特に今のこの時代に。とは言え、この小説は昭和から平成、しかもバブルど真ん中が舞台。それ故に、不器用に一生懸命に生きるしかなかった、せったクンと島崎君みたいな関係と言うかストーリーって、ジャニーズJr.の中にまるごとリアルにありそうだから、ぴったりかもしれないな、とも考えた。で、横原君と椿君に会ってみたら、あまりにも「まんま」な感じで、今は、これはやるしかない!と思っている。2人ともミュージカル初主演、しかも、オリジナル・ミュージカルだ。相当の努力が必要だろう。僕も、僕のミュージカル人生で得たノウハウを全部注ぎ込んで真正面から向き合うつもりだ。もちろん、ミュージカル作家としての新たな挑戦も忘れてはいない。是非、期待して欲しいです。だけど、これは「世界でいちばん美しいのはどっちだ?」と言う話ではありませんので、悪しからず……。

ミュージカル『世界でいちばん美しい』 イントロダクション
雪踏文彦。ひとは、みな、彼のことを親しみを込めて“せったクン”と呼ぶ。島崎 哲(トオル)も、親友である彼をそう呼んだ。
幼馴染の二人が小学生の頃、 “せったクン”はピアノを弾くところを3回見ただけで、その曲を弾ける才能を持っていた。いつもぼんやりしていただけの
“せったクン”に秘められていた音楽の才能は、幼少期から音楽の英才教育を受けていた”トオル”の技術を簡単に追い越すものだった。
そして、中学、高校は違う学校に通ったふたりだが、大人になり彼がピアノを弾いている鎌倉のレストラン「エグランティーナ」で頻繁に会うようになる。音楽
のことしか、ほとんど考えていない“せったクン” 。「エグランティーナ」で様々な人と出会い、やがて恋をし、彼がつくる音楽も変化していく。


公演概要
ミュージカル『世界でいちばん美しい』~鎌倉物語~
【原作】藤谷 治「世界でいちばん美しい」(小学館文庫刊)
【脚本・作詞・演出】菅野こうめい
【音楽】かみむら周平
【出演】横原悠毅(IMPACTors/ジャニーズJr.)椿 泰我(IMPACTors/ジャニーズJr.)
蒼乃夕妃 / 柳 美稀 / 原田優一
ブラザートム
【演奏】かみむら周平(キーボード)
岩永知佳(キーボード) / 大島 純(チェロ) / 赤間 慎(ドラム・パーカッション)
【日程・会場】
<東京公演>2022年10月28日(金)~11月6日(日) 品川プリンスホテル ステラボール
<大阪公演>2022年11月11日(金)~11月13日(日) COOL JAPAN PARK OSAKA WWホール
【チケット料金】S席 9,800円/A席8,100円(全席指定・税込)
※ご購入後の返金・クレーム及びお席の振替は一切お受けできません。予めご了承ください。
【チケット一般発売開始日】2022年10月2日(日)午前10時
【公式サイト】https://sekautsu.com/
【公式Twitter】@sekautsu