• HOME
  • ニュース
  • 加藤シゲアキがスランプ中の“書けない”劇作家役に挑む!「エドモン~『シラノ・ド・ベルジュラック』を書いた男~」2023年4月上演決定!

加藤シゲアキがスランプ中の“書けない”劇作家役に挑む!「エドモン~『シラノ・ド・ベルジュラック』を書いた男~」2023年4月上演決定!

名作戯曲の誕生秘話を描いた大ヒット作を、自身も作家として活動する加藤シゲアキが主演を務める舞台パルコ・プロデュース 2023「エドモン~『シラノ・ド・ベルジュラック』を書いた男~」が、2023年4月1日(土)~4月16日(日)まで東京・新国立劇場 中劇場にて、4月22日(土)~4月24日(月)大阪・東大阪市文化創造館 Dream House 大ホールにて上演が決定。

抱腹絶倒のドタバタ幕内コメディ!
フランス・モリエール賞5冠の劇場愛にあふれた話題作の日本初演!

映画監督としても活躍するフランスの若手劇作家・演出家アレクシス・ミシャリクが、トム・ストッパードの映画「恋に落ちたシェイクスピア」に触発され映画製作を構想するも資金が集まらず、先に舞台版として初演された本作。2016 年にパリで上演するやいなや、上演回数 700 回を超えるロングラン・大ヒット作となり、ミシャリクの出世作となった。正統派のフランス喜劇の流れをくみながら、テンポの良い台詞運び、そして、サラ・ベルナールやチェーホフなど実在の人物も登場させるなど、約 120 年前の演劇人やクリエイターたちに向けた劇場愛にあふれた賛辞として大人気を博した本作は、2017 年のフランス演劇界最高の栄誉と言われるモリエール賞で 7 部門にノミネートされ、作品賞、脚本家賞、演出家賞など 5 冠を達成。大ヒットを記録した舞台版の初演から 2年後の2018 年に、ミシャリク自身が映画化(「シラノ・ド・ベルジュラックに会いたい!」2020年11月日本公開)。舞台版は、コロナ禍を経て 2021年秋にも再演され、爆笑と喝采に包まれた客席は、連日にぎわいをみせた。いつの時代も、どこの国でも、初日の幕を上げるために必死で作品創りをしている舞台人がいる。そんな勇気をもらえる本作が日本で初めて上演される。

どんな舞台にも必ず「初演」の「初日」がある!
120 年以上たった今も、世界中で上演されるあの名作戯曲『シラノ・ド・ベルジュラック』の誕生秘話?!

舞台は、1897 年パリ。将来を嘱望されるも 2 年間という長いスランプに陥っている崖っぷちの劇作家エドモン・ロスタンに、突然舞い込んだ大きな仕事。その舞台の初日はまさかの 3 週間後!大女優と大御所俳優のむちゃぶり、親友との三角関係、主演女優のきまぐれ、プロデューサーからの鬼催促、完全なる資金不足、妻の嫉妬など、あらゆるトラブルにみまわれながらも、なんとか書きはじめたのは、17 世紀に実在した大きな鼻の剣豪詩人の話…『シラノ・ド・ベルジュラック』!
『シラノ・ド・ベルジュラック』は、日本でも大正時代に『白野弁十郎』として翻案上演されるなど、初演から 120 年以上経た今もなお、世界中で上演され、ミュージカル化、映画化もされ愛され続けている舞台劇。今となっては古典、珠玉の名作戯曲となった『シラノ・ド・ベルジュラック』が、3 週間でいかにして「初演」の「初日」を迎えたのか、いま、その秘密が解き明かされる!

主演は、作家としても活躍する加藤シゲアキ!
昨年秋に紫綬褒章を受章したマキノノゾミの演出で、スランプ中の“書けない”劇作家役に挑む!

演出は、令和 3 年度第 72 回芸術選奨 文部科学大臣賞を受賞、令和 4 年秋に紫綬褒章を受章するなど劇作家・演出家としての功績を高く認められるマキノノゾミが務める。時代劇から現代劇、ストレートプレイからミュージカルと数多くの作・演出作品を手掛け、2018 年には『シラノ・ド・ベルジュラック』の日本公演の上演台本(鈴木哲也との共同上演台本)も担当。これまで、ノーベル賞物理学者の朝永振一郎を描いた『東京原子核クラブ』、平賀源内と杉田玄白を描いた『非常の人 何ぞ非常に』など、実在する人物を、ユーモアと人間味あふれるキャラクターとして現代に甦らせてきたマキノが、崖っぷちの劇作家エドモン・ロスタンをどのように演出するのか、注目が集まる。
そして、“書けない”劇作家エドモン・ロスタン役で主演を務めるのは、NEWS としての活動に留まらず、作家としても数々の人気作を生み出し、2020 年に発表した小説「オルタネート」(新潮社刊)では、2021 年に第 42 回吉川英治文学新人賞、第 8 回高校生直木賞を受賞するなど、多岐に渡って活躍する加藤シゲアキ
実在の劇作家エドモン・ロスタンにまつわるエピソードを、実際に作家・劇作家としても活動する加藤シゲアキとマキノノゾミが、どのようにつむぎだすのか。今なお世界中で愛される名作誕生にまつわる紆余曲折と、苦悩、そして、なによりも熱い熱い劇場愛を、爆笑の渦に巻き込みながらお届けする。

コメント

演出家:マキノノゾミ

新作劇の初日を開けるまでのムチャぶりの連鎖! 迷走につぐ迷走! 劇作家の受難につぐ受難ぶり! 焦燥の末の奇跡的なインスピレーションの到来と、震えるような執筆の陶酔!これはもう同業者として同情を禁じ得ないどころの話ではありません!
いやもう実にリアル! 実に滑稽! そして実に感動的!
この公演は、本邦初演となる現代フランスの傑作喜劇ですが、日本広しといえども、この作品を、強烈な思い入れと、熱烈なシンパシーをもって演出できるのは、もはや「このわたししかいない!」と思いあがって取り組む所存です!
やたらと「!」が多いですが、どうぞ、ご期待ください!

主演:加藤シゲアキ

『シラノ・ド・ベルジュラック』を生み出したエドモンがいかなる苦悩を経て、この不朽の名作を生み出したか。
ひもじくも妥協せず、あらゆる犠牲を払って作品に向かい合うエドモンは、誰にでも理解できる人物ではないかもしれません。
しかしその過程を切実かつユーモラスに描くこの作品に、私は僭越ながら共感しました。
同時に言葉の持つ力も改めて実感し、今この時代にこの公演を行う意味を、台本を読んで以来ずっと考えています。
エドモンになれる喜びを胸に、誠心誠意心を込めて演じさせていただきます。

物語
1897年12月、パリ。
詩人で劇作家のエドモン・ロスタンは、スランプにおちいっている。家には、妻と子供を抱えながら、2 年間も全く書けない。そんな中、彼に、大きな仕事が舞い込み、偉大な喜劇王コクランに、英雄的なコメディ詩劇の新作を書くことを約束してしまう・・・・。ところが、まったく書けない・・・。大女優と大御所俳優のむちゃぶり、親友との三角関係、主演女優のきまぐれ、プロデューサーからの鬼催促、完全なる資金不足、妻の嫉妬など、ありとあらゆるトラブルにみまわれながらも、エドモンは一世一代の創作に取り組むが・・・。
今のところ、決まっているのは、実在した鼻の大きい詩人のコメディということと、タイトルだけ…。
タイトルは・・・・・ そう『シラノ・ド・ベルジュラック』!!!


公演概要
パルコ・プロデュース 2023 「エドモン~『シラノ・ド・ベルジュラック』を書いた男~」
【作】アレクシス・ミシャリク
【演出】マキノノゾミ
【主演】加藤シゲアキ
※詳細は後日発表いたします。
【日程・会場】
<東京公演>2023年4月1日(土)~16日(日)新国立劇場 中劇場
【チケット料金】 S 席\11,000、A 席\9,000 (全席指定・税込)
U-25 チケット=6,000 円[観劇時 25 歳以下対象、要身分証明書(コピー・画像不可、原本のみ有効)、当日指定席券
引換/チケットぴあにて前売販売のみの取扱い、指定席との連席購入不可(連席ご希望の場合は指定席をご購入ください)] ※未就学児入場不可
【チケット発売日】2023年2月25日(土)
【お問合せ】サンライズプロモーション東京 0570-00-3337(平日 12:00-18:00)
※当面の間は月~金 12:00-15:00 までの営業となります。
<大阪公演>2023年4月22日(土)~24日(月)東大阪市文化創造館 Dream House 大ホール
【チケット料金】 S 席\11,000、A 席\9,800 (全席指定・税込) ※未就学児入場不可
【チケット発売日】2023年3月26日(日)
【お問合せ】キョードーインフォメーション 0570-200-888(11:00-18:00※日曜・祝日は休業)
【公式サイト】https://stage.parco.jp/program/edmond