元木 湧が孫悟空を、豊田陸人が三蔵法師を華やかに歌い踊る『SEVENー西遊記7つの戦いー』開幕!

少年忍者の元木 湧と豊田陸人が出演するミュージカル・ショー『SEVENー西遊記7つの戦いー』が、11月4日に東京・品川プリンスホテル クラブeXで開幕した。
開幕に際し、同日、公開ゲネプロが行われ、元木、豊田、宝塚OGの伶美うらら、留依まきせ、舞城のどか、村上すず子、髙汐巴が登場。

本作は、宝塚歌劇団の名演出家の三木章雄が作・演出を手がけ、日本でも古くから親しまれている「西遊記」を三蔵法師のお供である“孫悟空”に焦点をあて、歌やダンスを多彩に織り込みミュージカル・ショーとして描かれる。

ゲネプロ後のカーテンコールでは、初日を前に意気込みを明かした。

~カーテンコール~

元木 記者の皆さん、カッコ良く僕を撮ってください(笑)

豊田 (元木をみて)えっ!それだけ!?

(一同笑い)

豊田 (元木に”どうぞ”と促され)今日の夜から本番が始まるので、そこに向けて気合を入れつつGPでやったことをブラッシュアップして誰にみせても恥ずかしくない『西遊記』をお見せできたらと思っています。

~ダブルカーテンコール~

元木 自分なりの反省点がたくさんあったので一人で反省会を開こうと思っています(笑)。今日の日を迎えるまで本番が嘘なんじゃないかと思うくらい充実した日々でした。そして今日本番の日を迎えて、朝起きたときなんという体が元気だったことでしょう。内なるものがあたのか。でもね、ステージには魔物がいました。僕、振付が飛びました(笑)。やっぱり最初から最後まで油断ができなということを思いました。どれだけ練習をしても油断せず気を抜かずに最後まで怪我なくみんなで駆け抜けたいと思います。

豊田 ミュージカルと最初に聞いたときは恐れおののいたんですが、練習を重ねていくに連れて少しずつ歌が上手くなっていく実感を得ていきました。それが気持ちよくて。ボイスメモに録音をして聴くんですが、「うわ!この高音が出てる!」といった新しい発見がすごく多くて。(事務所以外の)外部の舞台に出させていただくことは自分のレベルを積み重ねていける唯一の場所でもあるので、これに乗じて自分をもっともっとレベルアップしていけたらいいなと思います。そして千穐楽には“パーフェクト三蔵法師”をお見せできたら嬉しいなと思います!

髙汐 三蔵法師の陸人くんが19歳で、私は宝塚歌劇団の初舞台が19歳だったので、その頃は何もわからなかったので今日の大役は本当に大変だったと思います。応援しています。わっくんもね(笑)。

元木 俺には少ないな~(笑)。

(一同笑い)

元木 本当に素晴らしいキャストの皆さん、そしてバンドの方やスタッフの方々にサポートをしていただき、こんなに素晴らしいステージに立たせていただいているので、ぜひその期待に応えて最後まで走り抜けたいと思います!

~マスコミに向けて元木、豊田が再度登場~

元木 少し真面目な話をすると・・僕はこの舞台で主演という形になっていますが、通し稽古に入るまで(主演の)実感がなくて。振付や歌稽古にいっぱいになっていて(主演という振舞いを)考える余裕がありませんでした。でも、最後の三方礼のリハーサルをやったときにすごいプレッシャーが押し寄せてきたんです。センターに立って一歩前に出て船頭切ってお辞儀をするということが、今までそれを後ろで見ていた方だったので自分がやるとなった時に、こんなにも主演というものは重いものなんだと感じました。でも皆さんがすごく温かくサポートをしてくれて・・。めちゃくちゃあったかいんですよ、このカンパニーは。だから本当にありがたいです。この環境を作り出してくれた三木先生、そして全スタッフの方々に本当に心から感謝しています。本当にありがとうございます!

豊田 (元木の方を見て)素晴らしいお言葉がでたんですが(笑)。僕も出演の話をいただいたときは、少年忍者の中から2人が選ばれて舞台に立つということで、3年前にも舞台をやらせていただいて、その時は主演ではなく1歩手前の立場だったので今回も「あ、主演ではないんだ」という悔しい気持ちがやっぱりありました。でも、主演じゃないながらも三蔵法師という役としてどう舞台を盛り上げていくかを考えるように切り替えて、「私はもう三蔵法師だ。悟空と一緒に旅をする三蔵法師だ。主演じゃなかったとしても舞台に立つ一員なんだから頑張ってやろう!」と稽古に励んできました。三蔵法師はすごく難しい役柄なので、三木先生にも「こういう風にやったらいいよ」といろいろとご指導をいただきながら悩み悩んでやっとこの役を自分の中に身につけて今ここに立っています。本番も豊田陸人=(イコール)三蔵法師となれるようにこれからも突き進んでいきたいと思います!

元木 ちょっと気まずいからやめろよ~(笑)
(一同笑い)
元木 冗談だよ!(笑)。
豊田 (笑)
元木 改めて何回も言いますが、本当に皆さんがいないとできないステージになっています。誰一人欠けてはいけないと思っています。そんなステージに立っているということを僕たち全員が思っています。本当に感謝してます。本日はお越しいただきありがとうございました!

舞台写真

Ⓒ伊藤智美/『SEVEN 西遊記7つの戦い』2023

本公演は、11月19日(日)まで品川プリンスホテル クラブeXにて、11月25日(土)から11月26日(日)まで森ノ宮ピロティホールにて上演。


公演概要
ミュージカル・ショー『SEVENー西遊記7つの戦いー』
【作・演出】三木章雄(宝塚歌劇団)
【音楽】栗山梢
【振付】AYAKO 青木美保
【配役/出演】
孫悟空:元木 湧
三蔵法師(玄奘):豊田陸人
玉龍 : 伶美うらら
羅刹女ほか:留依まきせ
金角ほか:舞城のどか
銀角ほか: 村上すず子
釈迦如来/観音菩薩:髙汐 巴
【日程・会場】
<東京公演>2023年11月4日(土)~11月19日(日)品川プリンスホテル クラブeX
【お問い合わせ】公演事務局:https://supportform.jp/event(平日10:00~17:00)
※お問い合わせは24時間承っておりますがご対応は営業時間内とさせていただきます。
なお、内容によってはご回答までに少々お時間をいただく場合もございますので予めご了承いただけますようお願い申し上げます。
<大阪公演>2023年11月25日(土)〜11月26日(日)森ノ宮ピロティホール
【お問い合わせ】キョードーインフォメーション:0570-200-888(平日・土曜11:00-18:00 ※日祝休み)
【チケット料金】¥9,500(全席指定・税込み)*大阪公演・東京公演 共通
※ご購入後の返金・クレーム及びお席の振替は一切お受けできません。予めご了承ください。
【チケット一般発売開始】10月15日(日)午前10時より
【公式サイト】https://seven.saiyuki-musical.jp/
【公式X(Twitter)】@saiyuki_jp