本日開幕!「パークビューライフ」開幕前取材レポート公開!

風間俊介、倉科カナ、中川翔子、前田亜季ら出演の舞台「パークビューライフ」が、2021年4月7日(水)より東京・世田谷パブリックシアターでの公演を皮切りについに開幕する。
脚本・岡田惠和×演出・田村孝裕のタッグで贈る本作は、孤独な人生を送っていた男性が、職を失った冴えないアラサーシングル女性3人と共同生活を送ることになる怒涛の会話劇。
性格の全く違う4人が、互いの欠点も含めて共に生きていく、最強の仲間がここに誕生する。コロナ禍の今と重なる、ほろ苦くも心温まるエピソードを綴る。
本番直前の4月6日(火)、世田谷パブリックシアターにて開幕直前取材が行われた。登壇したのは、風間俊介、倉科カナ、中川翔子、前田亜季

まずは、それぞれの初日を向けての意気込みから

風間俊介/成瀬洋(なるせ・よう)役
この物語は、今を描いた物語です。人との接触や出会いが難しくなった今だからこそ、人と新しく出会ったり、人と一緒に暮らす決意という大切さがしっかり描かれていると思いますので、今を生きる皆さまに観ていただけたらと思う作品です。

倉科カナ/上賀玉枝(そらが たまえ)役
この物語は、約1時間40分の怒涛の会話劇となっております。物語自体はとても温かい物語なんだけれども、ただ私たちのエネルギーはMaxで演じておりますので、たくさんの方に来ていただいて、そのエネルギーを少しでも受け取っていただけたら嬉しいなと思います。

中川翔子/上賀香苗(そらが かなえ)役
今日は、ほんとにお忙しいなか、時間という命を削って皆さま会いに来てくださって本当に感謝しています。それくらいお会いできること、直接生でお客さまの姿を感じ取れること、そして舞台の上で全く違った人生を生きることができること。本当にこれがいかに尊くて素晴らしいことか。このコロナ禍になって人生観が大きく変わりました。感染対策もスタッフの皆さまが全力で気を付けてくださっています。こういった世界だからこそ、この舞台は多幸感といった、幸せな笑顔の光の粒を必ずお持ち帰りいただける作品となっておりますので、お越しいただけることを楽しみにしております。頑張ります!

前田亜季/上賀望(そらが のぞみ)役
稽古場でも感染対策をしっかりとりながら、この4人とスタッフの方々と一緒に、濃厚で濃密な稽古期間を過ごしてまいりました。岡田(惠和)さんからも「小さな幸せを全力で愛してください」というメッセージもいただきましたので、それを胸に一所懸命生きたいなと思います。

続いて、質疑応答。

今回会話劇ということでセリフの量もすごく多かったと思いますが。

風間:稽古が始まったときは覚えられるのかと全く自信がなかったんですが、この3人と一緒に4人でやって、実際にキャラクターになって、キャラクターで対峙して、徐々に身体に馴染んでいき、今日を迎えることができました。3人に助けられてなんとか覚えることができたという感じです。

風間さんはどんなキャラクターなのでしょうか。

風間:あまり人と関わらずに生きてきたからこそ、もちろんこういう時期でもあるんですが、もとから人との接触に憧れを持っていて。だけど自分にはそういった場面はやってこないと思っていたところに、後ろにあります(背後のセットを指して)、この新宿御苑が見渡せるビンテージマンションにこの3人がひょんなことから迷い込んできて、共同生活を始めるという。傍から見たら、誰かと暮らすというのは人生においてそんなに特別なことじゃないかもしれないんですけど、僕が演じる成瀬にとっては、天変地異のようなすごい出来事で。それによって起こる変化というものを、皆さんの人生に照らし合わせて楽しんでいただけるのかなと思っています。

男性一人ですが、すごく馴染んでいらっしゃいますね。

風間:そう言っていただけるとありがたいなと思うんですけど。(3人の方を見ながら)大丈夫ですか?馴染めてますか?私?

中川:馴染み倒してます。

(一同笑い)

風間:でも、楽しいね。やっぱり4人で一緒にやっていて。(それぞれ頷く)

中川:みんな大人だから、すごく健やかなんですよね。誰も気を遣ってない感じ(笑)。

倉科:このまんま

風間:そうね。今、皆さんの前で対峙しているこのままでやってます(笑)。

倉科カナさんの役どころは?

倉科:3人の幼馴染で、瀬戸内海の島育ちの3人で、前田さん演じる望ちゃんは優等生で、中川さん演じる香苗は変な子(笑)で、私は普通。という役柄です(笑)。なんでしょう、ツッコミ役が多いですね。

風間:普通は普通なんだけど、舞台上で一番ムードメーカーとして大車輪の働きをしているのは、倉科さんが演じる玉枝だと思いますよね。

倉科:こう言ってくださってますけど、すべり芸みたいになっていて、扱いが(一同笑い)。役柄も雑なんですけど、ね?雑ですよね?(風間の方を見て)

風間:役ね。役がだよ(笑)。我々が倉科カナさんを雑に扱っているんじゃなくて、役だかね(笑)。

倉科:ほんと?

風間:すべり倒していただいて、それをお客さまが楽しんでいただけたらなっていう(笑)。

倉科:そういったキャラクターになっております(笑)。

中川さんは、会話劇が初めてなんですよね。

中川:そうなんです。5年前にこの世田谷パブリックシアターで初舞台を踏んで以来、ミュージカルに挑戦させていただいてきたので、会話劇がほんとに初めてで。演技という経験値も私が一番少ないので、どうしようと思っていたんですが、座長が風間さんという、人間力ランキング超S級クラスの素晴らしいお方がリーダーということで、もう絶対安心から入れました。(一同笑い)。みんな仲良いし大人だし、稽古って積み重ねていくから体力的にもだいぶポイント使うんですけど、ずっと笑っていて。笑うのを我慢するのも大変なんですよね(笑)。息が吸えないくらい笑っていて。それくらい笑顔でずっとお稽古をすることができて。一人でのお仕事も楽しいことはいっぱいあるんですけど、舞台は一番いろんな人と共闘するので、全てのスキルが上がる感じがして、今後の人生において莫大な経験値をいただいている感じがします。

風間さん、すごく褒められていますね。

風間:ありがとうございます(笑)。莫大な経験値だからやっぱりレベルが3から4くらい一気に上がる感じだよね。

中川:ポーン!っといっちゃいますよ。

風間:ほんとに楽しんですよ。舞台っていろんなパターンがあって、客席に向かってお芝居を観ていただくものがあると思うんですけど、今回はこの4人が生活をしてこの4人が喋っている姿を、お客さまに覗き込んでもらうような舞台になると思うんですね。なので、我々が生き生きとここで暮らしている姿を覗きに来ていただきたいなと思います。

前田さんは優等生という役ですが。

前田:そうなんですよね。実際のタイプとは全く違うんですが(笑)。でもこのお話の中でもそうなんですが、どれだけ自分の欠点をさらけ出せるか、みたいなところがありまして。だから私自身もみんなに早い段階でダメなところを見せて、支えてもらっています。

ちなみにどんなところだったんですか。

前田:まず、踊りですよね(笑)。カウントが取れないんです。ステージングがあって、4人で転換をやるシーンのときに、音楽に合わせて動かないといけないんですが、そのカウントがなかなか取れなくて。いつも風間さんに背中を押してもらって「ここだよ」とタイミングを教えてもらったりとか(一同笑い)、支えてもらっています。

風間:でもダメなところなんて見たことないよ。

前田:うそうそ。

風間:ないないない。

中川:むしろこんな前田亜季さんを見ていいんですねって思ってます。

倉科:うん。毎日好きになる。

中川:一番、前田さんで笑ってます(笑)。

前田:(照れながら)さらけ出してます。

倉科:役柄はね、理不尽なところはあるけどね(笑。)

前田:パワープレイをしたりね(笑)。振り切ってます。

稽古中も楽しそうな雰囲気が伝わりますが。

(全員頷いて)

風間:そうですね。ぎゅっと集まって話すというのは難しいですけど、舞台なのでみんな声が出ているなか、少し距離を取って大きな声で話していたって感じですよね。でもこの3人娘たちが仲良さそうに話しているんですけど、僕は時々そのなかに入っていけずに羨ましそうに見ているというパターンもありました(笑)。けど、それも幼馴染がこの部屋に迷い込んで出会うところから物語がスタートするので、3対1というのも大事な構図なので、それはそれで楽しんでましたけどね(笑)。

仲良し3人娘ということですが、実際ほんとに仲良くなってこのままお友だちという感じですか。

中川:そうなんですよ。今こういったなかでご飯に行くということができないので、「行けたら嬉しいね」というご褒美のために、既にいろんなお店をリサーチしてます。「これ食べたいね。あれ食べたいね」っていう夢と希望とご褒美を頭のなかに用意しています。ほんとに仲が良いよね?(倉科、前田を見て)ずっと喋ってる。

倉科:もう、友だちという域を超えてきてるよね?劇場の楽屋が3人一緒なんですけど、昨日食べ過ぎて、(楽屋で)一人で痩せるダンスをずっとやってて(笑)

風間:家じゃん!(一同笑い)

倉科:それも受け入れてくださるっていう、なんか家族みたいだなって。

中川:カナちゃんからやってきてるからね(笑)。

前田:そうね(笑)。

倉科:ごめん、そっか(笑)。

前田:でもとってもいい雰囲気で。

風間:やろうよ。その痩せる踊り。みんなでやろう。準備体操として。

ちなみに、今少しできる準備体操はあったりますか。

4人:いやー

風間:これ見せちゃって・・いや見せるわけには・・

倉科:ステップくらいならいいんじゃない?

風間:あ、じゃあ。3人。(3人に促す)

(倉科、中川、前田が軽くステップを踏んで見せる)

倉科:風間さんも一緒に。

中川:風間さんは踊らないジャニーズってすごい言うけど、キレッキレッなんですよ。私たちが全然できないのを誰よりも踊って教えてくれるんです。すごいレアな体験をさせていただいて。

風間:ジャニーズのなかではもう踊れない方だけどね。(一同笑い)

中川:もったいない。踊らないと。

風間:その集団のなかでは落ちこぼれなんだけど、ちょっと外へ行くと「踊れんじゃんっ!」って言われる(笑)。

今回は踊りもあるんでしょうか?

風間:ほんっとに少しですけど。踊るというものではないんですけど、あの頃の自分を呼び起こすような瞬間はありますね(笑)。

それでは、改めて風間さんよりお客様へメッセージをお願いします。

今劇場に来てくださるというのは、本当に物語を愛して、物語を求めてくださる皆さんだと思うんですね。不要不急と演劇が言われたんですけども、人によってだと思うんです。自分にとって物語が必要だ、今豊かな時間が必要だと感じた方は、是非とも世田谷パブリックシアターに来ていただいて、この物語を受け取っていただけたらと思います。すごく今いる世界を愛おしく思って、今後のコロナ禍が明けた後に、多くの人たちと話してみたいとか、一歩踏み出してみたい、そんな優しい気持ちを持って帰っていただけると思いますので、是非とも、世田谷パブリックシアターに来ていただいて、「パークビューライフ」を観ていただけたらなと思います。よろしくお願いいたします。

『パークビューライフ』 は、東京公演を2021年4月7日(水)~18日(日)世田谷パブリックシアターにて、大阪公演を4月23日(金)・25日(日)サンケイホールブリーゼにて、そして愛知公演を5月1日(土)・2日(日)ウィンクあいち 大ホールにて上演。


公演概要
「パークビューライフ」
【出演】風間俊介 倉科カナ 中川翔子 前田亜季
【作】岡田惠和
【演出】田村孝裕
【日時・会場】
<東京公演>2021年4月7日(水)~4月18日(日)世田谷パブリックシアター
<大阪公演>2021年4月23日(金)~4月25日(日)サンケイホールブリーゼ
<名古屋公演> 2021年5月1日(土)~5月2日(日)ウインクあいち 大ホール
【チケット料金】S席 9,500円(税込)/A席 8,000円(税込)※未就学児童入場不可
【お問合せ】
東京公演:公演事務局 event@user-support.jp (平日10:00~17:00)
大阪公演:キョードーインフォメーション:0570-200-888(平日・土曜11:00~16:00)
愛知公演:中京テレビ事業:052-588-4477(平日11:00~17:00)
【公式HP】https://parkviewlife.jp/
【公式twitter】@park_view_life