• HOME
  • インタビュー&レポート
  • エログロ満載なのに爆笑必死のミュージカル。古田新太と尾上右近のW主演「ミュージカル『衛生』~リズム&バキューム~」開幕!

エログロ満載なのに爆笑必死のミュージカル。古田新太と尾上右近のW主演「ミュージカル『衛生』~リズム&バキューム~」開幕!

悪人だけがのさばる無法地帯
古田新太と尾上右近のW主演
「ミュージカル『衛生』~リズム&バキューム~」開幕!

2018年に岸田國士戯曲賞を受賞した福原充則が脚本・演出を担当し、古田新太と尾上右近がW主演を務める「ミュージカル『衛生』~リズム&バキューム~」が7月9日(金)に開幕し、8日(木)にゲネプロが報道陣に公開された。

時は水洗トイレが普及する前の昭和30年代。し尿の汲み取り業者「諸星衛生」の社長の良夫(古田新太)、息子の大(尾上右近)は、地元の政治家・長沼ハゼ一(六角精児)をバックにつけ、経営拡大の野望を抱き、殺人も厭わない悪事の限りを尽くして庶民から金を巻き上げていく。さらに時は流れ昭和50年代。「諸星衛生」の経営は、良夫から大へと実権が移り、地元の経済を制圧、長沼の計画の元、庶民からさらなる搾取を狙う。その裏で、かつてライバル業者だった瀬田好恵(ともさかりえ)が怪しい組織を率いて復讐を果たそうとし、「諸星衛生」の事務員・花室麻子(咲妃みゆ)が残した娘・小子は、諸星親子に憎しみを抱いて行動にでるのだが……。

野放図で下品、露悪的なのにクールでシャープ、暴力と悪意の中に笑わずにはいられないユーモアがふんだんにある。猥雑でアナーキーな匂いをぷんぷんと漂わせながら、這いつくばっても生きようと悪戦苦闘する人々の生き様が、ファンクやトラップまで使った最高にノリの良いナンバーで描かれる。ホロリと涙を誘い、ムッと腹を立たせれば思わず笑わせて、観客の感情を揺さぶり少しも飽きさせず、これぞ演劇という醍醐味を味わえる。

出演陣の芝居は隙がなくて見事。「諸星衛生」の従業員・代田禎吉役の石田明は、切ないラブソングをメロウに歌い、おどおどした台詞回しが、役の性格をきちんと表現していて素晴らしかった。長沼ハゼ一役の六角精児は、「悪を為すために悪を為す」という悪に取り憑かれた男を嫌らしく演じる。瀬田好恵役のともさかりえは、ライバルに蹴り落とされた悲哀を初ミュージカルとは思えない張りのある声で歌い上げた。花室麻子役の咲妃みゆはコメディエンヌとして縦横無尽に舞台を引っ掻き回し、美しい歌声で劇場を華やかに染め上げる。諸星大役の尾上右近の居住まいたるや堂々たるもの。深みのあるバリトンを響かせ、コミカルな動きで笑いを誘い、ヤクザものらしく乱暴に振る舞う仕草が板についていた。諸星良夫役の古田新太は、観客を笑わせながら朗々たる美声を震わせる。おちゃらけるのにダンディーでかっこいい、“古田新太”でしかできない老若男女を惹きつける痛快な芝居だった。

この物語の凄さは、善人はひとりとしていないという断定にこそある。だからこそ、この世界には悪人しかいないと訴える。なぜなら、あなたは生きていれば必ず悪を為す存在だから。それこそまさに善である。そんな禅問答のような人間を真正面から見据える哲学が舞台に通底しつつも、ウジウジ考えても無駄な世の中だから何もかも蹴散らしてみんなで派手に歌おうぜというパンクなミュージカルでもある。この夏の暑さを吹き飛ばす、夏祭りの花火を観ているような爽快さが胸に残るはずだ。

ゲネプロの前に取材会が行われ、古田新太、尾上右近、咲妃みゆ、石田明(NON STYLE)、ともさかりえ、六角精児が登壇。初日を控え古田は「連日のリハーサルで疲れています。明日の本番はヘトヘトだと思います」と取材陣から笑いを誘う。尾上は「ミュージカルは、普段出演している歌舞伎とは違う部分もありますが、人間の生きる力を見せることに関しては共通しています。板の上で強く生きる“諸星大”の姿を見ていただきたいです」と意気込む。
咲妃は「今までの舞台人生で経験したことのない出来事がお稽古から巻き起こっていましたが、ようやくここまでたどり着きました。お客様に無事に舞台をお届けできるように健康第一で頑張りたいと思います」と笑顔に。本作が初ミュージカルとなる石田は「歌わなくても良いから出てくれと言われて出演を引き受けたのですが、めちゃくちゃ歌わされています。詐欺にあった気分です(笑)」と笑いを交えて語った。石田と同じく初ミュージカルのともさかは「私はミュージカルの大ファンでこの聖域だけは汚してはいけないと心に決めていたのに……。それでも錚々たるキャストに囲まれながらミュージカルデビューできるので幸せです」と述べた。ミュージカル2作目となる六角精児は「1作目の『レ・ミゼラブル』とはだいぶ違いますが(笑)。人間が生きようとする姿を描く意味では変わらないのでお客様の反応が楽しみです」と語った。
最後に古田は「ミュージカルは楽しいものだと思っているので、終演後にはお酒を飲みながらみんなで喋ってくださるのが面白いのですが、このご時世でそうはいかないので劇場に来る前に飲んできてください(笑)。こちらは感染対策など十分に注意していますので、気楽に足を運んで笑っていただければ幸いです」と述べて取材会を締め括った。

東京公演は7月25日(日)までTBS赤坂ACTシアターにて上演。大阪公演が7月30日(金)から8月1日(日)までオリックス劇場、福岡公演が8月9日(月)から11日(水)まで久留米シティプラザにて上演される。

■クレジット
取材・文 / 竹下力


公演情報
ミュージカル『衛生』~リズム&バキューム~
【出演】
古田新太、尾上右近、咲妃みゆ、石田明(NON STYLE)、村上航、佐藤真弓、ともさかりえ、六角精児、稲葉俊一、今國雅彦、尾上菊三呂、甲斐祐次、加瀬澤拓未、久保田武人、後東ようこ、高山のえみ、竹口龍茶、新良エツ子、八尋雪綺、江見ひかる、エリザベス・マリー、おでぃ、かにえゆうき、鏑木信三、高橋伶奈
【日程・会場】
<東京公演>2021年7月9日(金)~25日(日)TBS赤坂ACTシアター
<大阪公演>2021年7月30日(金)~8月1日(日)オリックス劇場
<福岡公演>2021年8月9日(月)~11日(水)久留米シティプラザ
【脚本・演出】福原充則
【音楽】水野良樹(いきものがかり)、益田トッシュ
【振付】振付稼業air:man
【公式サイト】https://musical-eisei.com
【公式twitter】@musical_eisei