勝村政信×高杉真宙でおくる2人芝居 「ライフ・イン・ザ・シアター」来年3月上演決定!

「劇場」を舞台に、芝居に生きる俳優の悲喜こもごもを描いた舞台「ライフ・イン・ザ・シアター」を、2022年3月3日(木)~3月13日(日)東京・新国立劇場 小劇場ほか、全国6都市にて上演することが決定!

本作は、現代アメリカ演劇界を代表する劇作家、デヴィッド・マメットが綴る2人芝居。1977年、シカゴでの初演以降、ブロードウェイはじめ世界各地で上演され続け、数々の名優によって演じられてきた不朽の名作が、日本では16年ぶり、3度目の上演となる。
今作で【ロバート】を務めるのは、コミカルな役からシリアスな役まで、ドラマ、舞台と欠かすことのできない存在感を放つ勝村政信。勝村は、年配で演技力のあるベテラン俳優を演じる。また、勝村演じるロバートを慕い、日々役者として様々なアドバイスを受ける若手俳優の【ジョン】を演じるのは、現在放送中のTBS系ドラマ『婚姻届に判を捺しただけですが』にレギュラー出演するなど、着実に急成長を遂げている若手注目株の高杉真宙

舞台上や楽屋裏、出番直前の舞台袖や衣裳部屋など、劇場の中の様々な場所で繰り広げられる、2人の俳優たちの会話や日常を切り抜き、90分で描くオムニバス風ヒューマンドラマ。時に切なく、時にクスッと笑える、月日の流れと共に変わりゆく「世代もキャリアも違う二人の俳優」の心情を描く。演出を務めるのは、俳優で演出家の千葉哲也。自身も俳優である千葉が、何気ない「俳優の生きざま」をどのように描くか、注目が高まる。

plus a会員チケット先行(抽選)を11月29日(金)17:00~12月5日(日)23:59まで受付。詳しくはこちら

<作品紹介>
現代アメリカ演劇界を代表する劇作家、デヴィッド・マメットが綴る、90分間の2人芝居!
ベテラン俳優と、無限の可能性を秘めた若手俳優。
時の流れとともに、いつしか立場も変わってきて…
世代もキャリアも違う2人の俳優が、舞台上や楽屋裏、舞台袖や衣裳部屋など、劇場のあらゆる場面で交わす、時に切なく、時にクスッと笑える、何気ない会話をオムニバス形式で描いたヒューマンドラマ。
普段俳優たちが観客に見せることのない舞台裏の姿や、その生き様を通して浮かび上がる人生の悲喜こもごもを、自身も俳優として活躍する千葉哲也が演出。
1977年にシカゴでの初演以降、ブロードウェイはじめ世界各地で上演され続け、数々の名優によって演じられてきた不朽の名作が、16年ぶりに日本で上演決定!

<あらすじ>
劇団の看板俳優であるベテランのロバートは、最近劇団に入ったばかりのジョンに、今日もさまざまなアドバイスをしている。
舞台とは何か、役者とは何か、演じるとは何か…その熱弁を、ジョンは熱心に耳を傾けていた。
月日が流れ、初々しかったジョンも徐々に芝居が評価され、大きな役に抜擢されるなど順調にキャリアを築き始める。
それとは対照的に、集中力や記憶力の低下など、ロバートは逃れられない老いに不安を感じ始め…

「ライフ・イン・ザ・シアター」は、東京公演を2022年3月3日(木)~3月13日(日)新国立劇場 小劇場にて上演。以降、大阪、広島、福岡、札幌、金沢の全国6都市での上演が決定している。公演日程詳細やチケットのお取り扱い情報は、2021年12月上旬に発表予定。公演に関する最新情報は、公式HP(https://lifeinthetheatre.jp/)にて随時公開となる。


公演概要
「ライフ・イン・ザ・シアター」
【出演】
ロバート:勝村政信
ジョン:高杉真宙

【脚本】デヴィッド・マメット
【翻訳】小田島恒志
【演出】千葉哲也

【日時/会場】 
<東京公演>2022年3月3日(木)~3月13日(日)新国立劇場 小劇場

【チケット料金】全席指定8,500円(税込)
※ ご購入後の返金・クレーム及びお席の振替は一切お受けできません。予めご了承ください。

【企画・製作・主催】エイベックス・エンタテインメント
【お問合せ】公演事務局 https://supportform.jp/event (平日 10:00~17:00)
【公式HP】https://lifeinthetheatre.jp/
【公式Twitter】@litt_2022