横原悠毅(IMPACTors / ジャニーズJr. )さんの「素顔」に迫る一問一答を公開!

2022年10月28日~11月6日に東京・品川プリンスホテル ステラボール、11月11日~13日に大阪・COOL JAPAN PARK OSAKA WWホールにて上演されるミュージカル『世界でいちばん美しい ~鎌倉物語~』。
本作は藤谷治の小説「世界でいちばん美しい」(小学館文庫)を原作にしたミュージカルで、脚本・作詞・演出を菅野こうめい氏が担当する。出演は、音楽を三回聴いただけでピアノで弾くことができるほど生まれながらにして内に秘めた音楽の才能を持つ雪踏文彦(せったクン)役をIMPACTors / ジャニーズJr.の横原悠毅さんが、また、せったクンの幼馴染で彼の才能を認める親友の島崎哲(トオル)役を同じグループの椿泰我さんが演じ、W主演として登場する。
今回、plus aでは、今作がジャニーズ公演以外の舞台初主演、ミュージカル初挑戦となる、横原悠毅さんにインタビューを決行。

――今年1月に上演された『GARNET OPERA』がジャニーズ公演以外での初舞台でしたが、いかがでしたか?

全く違うものでした。ジャニーズの舞台は特徴的でエンターテインメント要素が強いので、ただの芝居で終わらすことがないというか、ダンスや歌といったショーに近いんですけど、『GARNET OPERA』はストレートプレイだったので、お芝居だけの舞台に触れてすごく刺激になりました。そこでお芝居の楽しさを感じさせてもらいました。

――その経験を踏まれて、今回楽しみなことはありますか?

まだすべてのキャストの方に会っていないのでどんな雰囲気になるのか分からないんですが、楽しくできたらいいなって思います。前回も楽しくさせていただいたので、雰囲気は良くやりたいですね。

――そういったところでは、同じグループの椿さんもいらっしゃる心強さはありますか。

そうですね。現場を明るくしてくれる奴なので。ボケたりしますけど、そういうのも優しさからきてる気ぃ遣いなんで、(見ていて)なんか頑張ってるなあって(笑)。すごい頑張ってるなあって思いながら、スタッフさんとのコミュニケーションは積極的に取っていくタイプなので、そういったところではIMPACTorsの現場と一緒で頼もしいですね。

横原悠毅(IMPACTors / ジャニーズJr.)さんの「素顔」に迫る一問一答

Q.ピアノに夢中になると周りが見えなくなるくらい、没頭してしまう、「せった君」。あなたが今、夢中になっているものは?

まさに僕も没頭しちゃうタイプで、趣味が多すぎて時間が足りない系の人間です。ゲームも好きだしお笑いも大好き。あと、ヒップホップが好きでフリースタイルバトルも観るし、絵も描きます。今4コマ漫画の連載もしていて物語も描くんですよ、ショートショートみたいな。だから時間が結構足りない系なんですけど、一つのことをやり始めたらその日はそれだけになっちゃいますね。休みの日に何をやるかは決めてないけど、ゲームをやったらゲームしかしないし、4コマ漫画描いたらずっと描いてるって感じです。没頭するタイプですね。

Q. せったクンはトオルが嫉妬するくらいの音楽の才能があります。あたなが嫉妬する才能とは?

あんまりないなあ。結構僕、才能溢れてるんで(笑)。なんだろう。そんなに・・ないな。あんまり。

――人を羨ましいと思うことがあんまりない感じでしょうか?

あんまりないですね。結構自分のやりたいことをやれば満足しちゃうタイプなので。あまり人と比べないというか、自分が楽しければいいやってなっちゃうんので、ないです(笑)。

Q.大きな挫折をしたトオルをせった君のことばが救ってくれる。人から言われて心に残っていることばはありますか?

寺西拓人くんがまだジャニーズJr.で僕も入所したばっかりの時に、先輩グループの単独公演に僕と寺西くんと原(嘉孝)くんが付いて行った時があって。寺西くんは僕より1歳年上なんですけど大先輩で、今思えばですけど、結構考える時期だったと思うんです。それで、「俺らまだこんな感じだけど、いつか絶対見返してやろうな」って言ってて。その時の寺西くんが自分の存在を信じてる感じとか、そのマインドが自分の中で結構残っていて、絶対このままじゃ終わらないぞっていう。僕もその言葉でグループを組むまでやってこれたような気がしています。

Q.本の一説に、「ただ生きているだけで、誰かに影響を及ぼしている。」とあります。あなたが影響を受けた人は誰?

松本人志さんですね。中学生くらいだったかな。僕、めっちゃ変な奴だったんですよ。最初は自分で変だと思ってなかったんですけど、やけに周りから言われるというか。でも変なのが嫌で普通でいようって思っていた時期で、思春期だったし。でも松ちゃんのコントを見て、俺より変な奴いるわって思って(笑)。脳みそを面白く活用しているというか、変なことって面白くなるんだって。そこから4コマ漫画や絵を描くようになったので、松本人志さんにはめちゃくちゃ影響を受けました。

Q.「世界でいちばん美しい」のタイトルにちなんで、ご自身が世界一を謳うならなに?

ポジティブ思考なのは世界でトップクラスだと思っています。世界で有数だと思います。

Q.本作は、絆についての物語。とあります。グループメンバーとの絆を感じた瞬間はありますか?

奏(松井奏)は、俺のことを見てるなと思いますね。あいつしか気付かないことが多いです。何ていうか、俺がちょっと体調が悪いとかめっちゃ気付くんですよ。その時に声を掛けてくることはないんですけど、「あの時体調悪かったんだよな」って言うと、「やっぱりそうだよね」って。二人でいる時間も多いので、一番一緒にいる時間が長い気もしますね。だからより分かるのかもしれないですね。あいつが俺に感じてる気がするな、絆を(笑)。

――それには何か理由があるんでしょうか?

例えば、IMPACTorsの中で意見が割れて1対5になった時に、大概の人は5側に付くと思うんです。でも俺は本当に1の方がいいなと思ったら1に乗っかるんですよ。長いものに巻かれない系人間なんで(笑)。そういうことを俺は奏に何回もやってる気がします。奏の言ってることが間違ってないと思うけど、皆が違う方向にいってて、でも奏の中で整理ができてないから皆にうまく伝えられてないっていう時に、仕方ねえなって、奏の肩を持ったことが二万回くらいありますね。世話が掛かりますね、あいつは(笑)。

Q.そんなグループメンバーをサザエさん一家(登場人物)で例えるなら誰が誰?

磯野ワカメはバッキ―(椿泰我)でいきましょうか。もってぃー(基俊介)はどれだろうな、もってぃー・・カツオか。マスオさんはがちゃん(鈴木大河)かな。奏(松井奏)はタラちゃんか。影山(影山拓也)はあなごさん。俺は・・タマで。新(佐藤新)は磯野フネさんでいきましょうかね。

――影山さんのあなごさんが気になるんですが。

唇が分厚い。理由はそれだけです(笑)。

Q.今回初めましての出演者の方もいらっしゃると思います。「僕の取扱説明書」一番重要事項は?

甘い物さえあれば僕はいいですね(笑)。常にお菓子を食べてると思うんですけど、気にしないでください。

Q.日常生活のプラスアルファは何ですか?

うーん・・ぬいぐるみかな。家にめちゃめちゃあるんで。パッと見て可愛いと思ったら買っちゃいますね。もう一緒に生活をしてるので喋りかけます。ペットは飼えないので、かと言って一人だと寂しいのでずっと喋ってますね(笑)。

――最後にお客様へメッセージをお願いします。

今回演じる役は、普段の僕とはちょっと違ったりもしますし、ミュージカル初挑戦にもなります。歌うのがもともと好きなのでそういう意味でも自分の得意なことを生かせるのかなって思っています。僕のファンの方もいろんなところに注目できると思うのでぜひ、足を運んでください。

――横原さん、ありがとうございました!

※椿泰我さん、基俊介さんの「グループメンバーをサザエさん一家で例えるなら」の回答
椿泰我さんの回答はこちら
基俊介さんのの回答はこちら(舞台「あの子より、私。」より)


公演概要
ミュージカル『世界でいちばん美しい』~鎌倉物語~
【原作】藤谷 治「世界でいちばん美しい」(小学館文庫刊)
【脚本・作詞・演出】菅野こうめい
【音楽】かみむら周平
【出演】横原悠毅(IMPACTors/ジャニーズJr.)椿 泰我(IMPACTors/ジャニーズJr.)
蒼乃夕妃 / 柳 美稀 / 原田優一
ブラザートム
【演奏】かみむら周平(キーボード)
岩永知佳(キーボード) / 大島 純(チェロ) / 赤間 慎(ドラム・パーカッション)
【日程・会場】
<東京公演>2022年10月28日(金)~11月6日(日) 品川プリンスホテル ステラボール
<大阪公演>2022年11月11日(金)~11月13日(日) COOL JAPAN PARK OSAKA WWホール
【チケット料金】S席 9,800円/A席8,100円(全席指定・税込)
※ご購入後の返金・クレーム及びお席の振替は一切お受けできません。予めご了承ください。
【チケット一般発売開始日】2022年10月2日(日)午前10時
【公式サイト】https://sekautsu.com/
【公式Twitter】@sekautsu